JBA

ニュース

一覧へ

内閣総理大臣杯争奪 第44回日本車椅子バスケットボール選手権大会 3日目結果 -宮城MAXが8連覇達成!藤本 怜央選手(宮城MAX)はMVP&11大会連続得点王受賞-

2016年5月6日

 5月3日(火・祝)より、東京体育館にて開催されております「内閣総理大臣杯争奪 第44回日本車椅子バスケットボール選手権大会」は最終日(3日目)、3位決定戦と決勝戦が行われました。
 つきましては下記の通りお知らせいたします。

 
■内閣総理大臣杯争奪 第44回日本車椅子バスケットボール選手権大会
 5月5日(木・祝) 試合結果

■決勝 試合結果
宮城MAX ○ 73-44 ● 千葉ホークス
(16-8, 19-6, 19-18, 19-12)
[BOXスコア]http://jwbf-men2016.japanbasketball.jp/pbp_team?schedulekey=1933&period=18&site=1

■3位決定戦 試合結果
NO EXCUSE ○ 69-50 ● 埼玉ライオンズ
(20-4, 8-16, 18-14, 23-16)
[BOXスコア]http://jwbf-men2016.japanbasketball.jp/pbp_team?schedulekey=1932&period=18&site=1

■最終順位
優勝 宮城MAX
2位 千葉ホークス
3位 NO EXCUSE
4位 埼玉ライオンズ

■MVP
藤本 怜央(宮城MAX #4)

■ベスト5
佐藤 聡(宮城MAX #8)
豊島 英(宮城MAX #2)
土子 大輔(千葉ホークス #15)
香西 宏昭(NO EXCUSE #15)
原田 翔平(埼玉ライオンズ #7)

■優勝:宮城MAX コーチ・選手コメント

【宮城MAX 岩佐 義明ヘッドコーチ】
昨日の準決勝でのNO EXCUSE戦があったからこそ、今日の勝利がありました。8連覇できたことは正直驚いています。選手たちはよく頑張ってくれました。

【宮城MAX #2 豊島 英選手】
昨年の優勝後、藤本選手がドイツに行ってしまったことで、新たにチーム作りをしてきました。今大会を通じてチームとしてまとまって、優勝できたのでうれしいです。

【宮城MAX #4 藤本 怜央選手】
すごくホッとしています。昨年、7連覇してからの1年間は、8連覇を目標にしてきました。その目標を達成できて良かったです。

【宮城MAX #8 佐藤 聡選手】
8連覇できたこと、このチームにいれたことをうれしく思います。と同時に、9連覇への挑戦がまた始まりました。

【宮城MAX #15 藤井 新悟選手】
準決勝(vs NO EXCUSE)、決勝(vs 千葉ホークス)の相手は強豪であり、1点差でも良いから勝つことだけを考えるてました。うれしいというよりも、ホッとしています。

▼最終日の全試合結果・BOXスコア・プレイバイプレイはこちら
http://jwbf-men2016.japanbasketball.jp/games?sexcategory=1&gamedate=2016-05-05

 熱戦を繰り広げた選手たちは、さらに切磋琢磨し、今夏に行われるリオデジャネイロパラリンピックに出場する日本代表を目指します。
 既にに組み合わせは決まっており、日本は、スペイン・オーストラリア・カナダ・トルコ・オランダと同組のグループA。
 パラリンピックへ向け、ますます目が離せない車椅子バスケットボールへご声援をよろしくお願いいたします。


第41回日本車椅子バスケットボール選手権大会

試合日程・結果SCHEDULE

5月3日(火・祝)

5月4日(水・祝)

5月5日(木・祝)